30代からの美肌ラボ

30代から美肌を目指したい方へ。美肌を目指すためのスキンケア・食事・運動・生活習慣をご紹介。

ボタニスト(BOTANIST)のボディーソープ「オレンジ&ピオニー」を試したので口コミします

calendar

reload

ボタニスト(BOTANIST)のボディーソープ「オレンジ&ピオニー」を試したので口コミします

ネットでボタニスト(BOTANIST)のボディーソープの新作「オレンジ&ピオニー」の香りを発見!
今まで使っていたローズ&ホワイトピーチと同じくモイストタイプだったので、さっそく注文してお試ししました♪

香りや泡立ち、洗いあがりの感じを口コミします!

と、その前に。

そもそもどうしてボタニスト(BOTANIST)を選んだんだと思います?

ボタニスト(BOTANIST)のボディーソープを愛用する理由

実は、ボタニスト(BOTANIST)のボディーソープは、我が家では1年近く愛用しています。そのきっかけは、娘のアトピー肌です。

娘はアレルギー体質で肌も乾燥しやすく、アトピー傾向があります。そのため、季節を問わず、いつも病院でもらった保湿クリームを塗っているような状態。おかげで肌の見た目はきれいですが、冬になると、保湿クリームを塗ってもすぐ乾燥して、かゆくなってしまうような肌です。

そんな肌なので、身体を洗うボディーソープや石けんには気をつかいます。

アトピー娘の肌があれるボディーソープ

市販の液体タイプのボディーソープでも、洗浄力の強い成分が入っているものは、結構肌が荒れます。たとえば、ラウレス硫酸○○みたいな、高級アルコール系の合成界面活性剤が入っているやつはほぼNG。私もあまり肌が強い方ではないので、こういう高級アルコール系のボディーソープを使った後は肌がカサカサになることがあります。なので、使えません。

肌は荒れないけど別の面で苦情が来る石けん

つぎに、自然の界面活性剤の代表格・石けん。これは娘も私も肌荒れすることはありませんでした。そのため、ボタニスト(BOTANIST)に出会うまでは、香りが少なくて使いやすい、牛乳石けんの青箱を愛用していました。

が、これには夫から常々苦情が。

なんでも、「青箱を使っていると、お風呂の排水溝が汚れやすくなる」のだそうです。石けんだからか、どうやら石けんカスが多くなるらしく、お風呂の排水溝の汚れがひどいのだとか。(私はそんなに気にならなかったんですけどね…)

ボタニスト(BOTANIST)で家族全員が納得した

そんなこんなで色々探しているときに、近所のドラッグストアでボタニスト(BOTANIST)に出会いました。ちょうどシャンプーもアミノ酸の洗浄成分に変えて「これはいいね」と夫と言い合っていたところだったので、「ボタニカル」という響きに目が惹かれました。

硫酸系の洗浄成分が入っていないという宣伝文句に惹かれて購入してみると、私はもちろん、娘の肌にも合っている様子。夫も「石けんよりは排水溝が汚れない気がする」と気に入った様子。青箱を使っていたころよりは少しコストが上がったものの、家族全員が納得できたので、ボタニスト(BOTANIST)を愛用し始めました。

ボタニスト(BOTANIST)ボディーソープ オレンジ&ピオニーの香り

ボタニスト(BOTANIST)ボディーソープ オレンジ&ピオニーの香りは、手に取った時から鼻をくすぐる香りが印象的。オレンジというよりは、ちょっと懐かしいお化粧品のような香りがします。

この香り、なんだろう…?

考えて思い至ったのが、ピオニー(芍薬)の香り。
そういえば、昔やっぱり肌の弱い母親が使っていたのが、芍薬エキス入りの化粧品だったような。もしかしたら、その香りかもしれません。スッキリとした香りのなかに、やさしい甘さがほんのりと香ります。

洗った後の残り香は控えめ。
泡立てているときには、正直「これはシャンプーの香りとの相性を選ぶボディーソープだな」と思っていたのですが、流してしまえば全く気になりませんでした。

私自身が使う前に娘と夫が使ったのですが、娘も特に香りを気にせずに使っていました。
そして、お風呂上りに娘のお肌をクンクンしてみても、甘みと苦味っぽさのある香りがわずかにするのみ。なので、フレグランスやシャンプーの香りを邪魔しません。

ボタニスト(BOTANIST)ボディーソープ オレンジ&ピオニーの泡立ち

ボタニスト(BOTANIST)のボディーソープは、硫酸系の界面活性剤を使っていないのに泡立ちもよいのが嬉しいところ。ワンプッシュでも全身に使えるくらい、クリーミーな泡をたっぷりと作れます。

このメリットはオレンジ&ピオニーの香りのボディーソープでも変わらず。たっぷりときめ細かな泡を作ることができました。泡立ちって、アトピー肌や乾燥肌には特に重要。しっかりした泡が作れれば、優しく包み込むように洗えるので、肌への刺激も抑えながら洗えるんです。

洗い流したときの泡切れはよいものの、洗いあがりはしっとり。肌が突っ張るような感じもなく、かといって余計な皮脂を残すこともなく、すっきりと洗いあがりました。

ボタニスト(BOTANIST)のボディソープに詰め替え用はある?

ボタニストのボディソープ、実はこのレビューを最初に書いた2017年には詰め替え用がありませんでした。

が、2018年1月現在、詰め替え用の販売もあります

 >>送料無料!楽天市場内公式ショップの ボタニスト ボディーソープ詰め替え

近所のドラッグストアを見て回っているのですが、店頭ではなかなかボディソープの詰め替え用にお目にかかれません。(シャンプー&コンディショナーの詰め替え用はあるんですけどね…)

なので、詰め替え用が欲しい方は、楽天内にあるボタニスト公式ショップ「アンドハビット」で注文しちゃうのがオススメです。

我が家では、以前こちらで紹介した詰め替えそのままホルダーを使って、お風呂場をボトルレスにしようと画策中。詰め替え用が来たら、さっそく試してみようと思います♪

ボタニスト(BOTANIST)ボディーソープ オレンジ&ピオニーは乾燥肌にもおすすめ

いつも使っているローズ&ホワイトピーチの香りから、新作のオレンジ&ピオニーの香りに変えて、香りにも敏感な娘は嫌がるかも、と思っていました。ところが、まったく嫌がることもなく、ルンルンで体を洗っていたので母としても大助かり。

また、乾きやすい娘の肌も私の肌も、肌トラブルなくボタニストを使えているので、これも嬉しいところ。ただ、やはり香りは既存のローズ&ホワイトピーチよりオレンジ&ピオニーのほうが甘さが前面に出ている感じがするので、「あまり香りが強くないほうがいい」という方の場合は、同じボタニストでもローズ&ホワイトピーチのほうがいいかもしれません。

今までボディーソープを使っていて、肌が乾きやすいなぁ、とか、すねや背中が痒くなるなぁ、という経験をした方。また、石けんの泡立ちと洗いあがりにいまいち満足できない方。ボタニスト(BOTANIST)のボディーソープはかなりオススメです!

ただ、ボタニストのボディソープは容量が大きめ。なので、我が家では重たいものを持たなくてもいいように、amazonで買っています。

ボタニスト(BOTANIST)ボディーソープをamazonでチェック

公式ショップは楽天にあるので、より詳細な商品説明を見たい方はこちらの楽天ショップも覗いてみることをおすすめします。

【公式楽天ショップ】ボタニスト(BOTANIST)ボディソープをチェック

楽天では、タイミングによっては少しお安くなるクーポンを配布していることもありますよ!

この記事をかいたひと

名前:なお

1980年代前半の春生まれ。

趣味が高じて美容ライターになり、コスメコンシェルジュの資格も取ったスキンケアオタクです。
(詳しいプロフィールはこちら

この記事をシェアする